留学後の生活

1年間のワーキングホリデーとカナダ横断旅行が終わり、ついにまた日本に戻ってきた。1年間カナダにいる間、できるだけ沢山の経験をしようと必死になったり、休みの日もカメラをもって出歩いたり、語学ももっともっと勉強しようとして英語を必死に話していた1年間がついに終わった。留学前に住んでいたアパートは留学前に引き払っているので、とりあえずは実家住まい。

帰国してからまだ間もないからかもしれないけれど、早く仕事を見つけて、住居も見つけて自立しなくてはいけないというプレッシャーと、カナダの思い出が頭を離れず、複雑な気持ち。カナダに到着した時は、早く新しい文化や環境になじもうと必死だった。そして前向きだった。

けれど、日本に帰ってきて、たった1年のカナダよりも人生長く暮らしてきた場所なのに、なぜかうまく馴染めずにいたりもする。

仕事探しをするのであれば、まずは目標が必要だ。新しい仕事をみつけるのであれば、英語を使った仕事を見つけたい。そのためには、まずは自分の英語力を知ること、、、ということで、まずはTOEICを受けてみることにした。これまでの1年間でどれだけ英語力が伸びたのかわからないけれど、少なくとも英語でのコミュニケーション能力は上がっていると思う。TOEICを受ければ、自分の英語力がどのくらいなのか、数字で知ることができるので、それをもってどんな仕事ができるのかも見えてくる。

就職活動の前に、まずはTOEICの勉強から始めてみよう。

ABCblock

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation