カナダのコイン

カフェで働き始めて知ったこと、カナダのコインには別名があるということ。カナダのコインは1セント、5セント、10セント、25セント、1ドル、2ドルがある。そしてお札は5ドルと10ドル、20ドル、50ドル、100ドル。日本では、買い物の時は現金を使うのが主流だけど、カナダでは大きなお金は持ち歩かずに銀行のデビットカードやクレジットカードで支払う人が多い。

お店でも、50ドル札や100ドル札は、万が一偽札だった場合のリスクが高いので、50ドル以上は現金は受け取りませんというところも多いのが現実。それでも、チップを払う時は、ちょっとコーヒーを飲むときには現金で払っていくお客さんが多い。現金で払う時はたいていおつりをそのままチップのカップに入れてくれることが多い。

本題のコインの名前は、まずは1セントが「ペニ」、5セントが「ニッケル」、10セントが「ダイム」、25セントが「クォーター」、1ドルが「ルニ」、2ドルが「トゥニ」という。初めて聞いた時には何のことだかさっぱりわからなかったのだけど、お客さんに指摘されて初めて知った。

25セントの「クォーター」は、1/4という意味でクォーター。1ドルはコインの色が一色なので「ルニ」そして、2ドルはコインの色が2色なので「トゥニ(2二)」と覚えると覚えやすい。

1セントのペニには「ラッキーコイン」という意味も含まれているらしい。

coins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation