カフェでの仕事

インターンのことも考えながら、とりあえずは仕事が見つかった!

決まった仕事はカフェでの仕事。カフェなら毎日お客さんと会話をするので、仕事をしながら毎日英会話をすることができる。毎日お客さんと会話をするので、正しく英語を話せるようにしていかないといけない。仕事が決まったきっかけは、Hirelingのサインを見て訪ねてみたところ、レジュメ(履歴書)をもってきてと言われたのでもって行ったところ、その場で採用でトレーニングが始まった!

バンクーバーにはカフェが沢山あり、たいていWi-Fiがつながるのでパソコンをもって行ってコーヒーやマフィンを楽しみながらのんびりとした時間を過ごすことができる。仕事が決まったカフェは、私がよくパソコンをもっていっていたところ。スタッフの人たちもとてもフレンドリーで、そして国際色が豊か。まず、マネージャーは韓国人、オーナーは中国人、その他、タイ人、メキシコ人、カナダ人、フランス人、アフリカ人(ケニア?)がいる。カナダ人は複数だけど、それ以外の国の人はそれぞれひとりずつ。学生や、学校を卒業したばかりの人が結構いる。

トレーニングの初日は、全体のながれ。食器をあらうところ、コーヒー豆がおいてあるところ、掃除のこと、レジのこと、そしてメニュー。お店では新しいことを教えてもらうので精いっぱいなので、メニューは写メにとって持ち帰り、宿題にした。メニューを教えてもらう時には、作り方も教えてもらい、さらに自分で作って飲むということもしたので、一度作ったドリンクは比較的覚えやすかった。エスプレッソマシンも本格的で、コーヒーを作るのがおもしろい。

まずはメニューを覚えて、一通りドリンクが作れるようになったらレジにも行けるようなので、それまではひたすらドリンク作りの修業。接客をするためには、メニューやコーヒーのことをしっかりと知ってからでないといけないらしい。そんなわけで、まだ接客はさせてもらっていないけれど、明るいスタッフといろいろと話しながら楽しい仕事が始まった!

coffeebean

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation