Monthly Archives: 9月 2014

You are browsing the site archives by month.

バンクーバー生活開始

楽しかったビクトリア生活はあっという間に終了。

1か月と言う短い間だったけれど、ビクトリアで出会った学校の友達にさようならをし、ホストファミリーにはまた遊びに来ることも伝えてビクトリアを出発。カナダに来てからまだ1か月だったので、そんなに荷物も増えていないだろうと思ったのだけど、生活用品をちょこちょこと買ってしまっていたので、思ったよりも荷物が多くなってしまった。

けれど、持ってきたスーツケースで移動しなくてはいけないので、何とか整理して荷物を詰めてビクトリアを出発。ホストファミリーに見送られてフェリーでビクトリアを出発。フェリーが到着するのはTwassenというところ。そこからバスと電車を乗り継いで、バンクーバーの住まいへ。家の大家さんと連絡を取りながら待ち合わせも無事にでき、新しい部屋へ。

新しい部屋には、共同のキッチンやバスルームがある。これからはホームステイではないので、食事は全て自分で作らなくてはいけない。部屋についてある程度荷物を整理したところで、ごはんを食べながらこれからの計画を見直してみた。バンクーバーでやりたいことは、仕事をして英語力を伸ばすこと。どんな仕事があるのか見ていたら、普通に仕事を探すだけでなく、学校に通ってからインターンと言う形で仕事をすることもできるらしい。

インターンだと、学校に行く必要はあるものの、それなりの仕事経験をすることができる。バンクーバーでは、看護師のインターンなんていうものもあった。カナダで英語の環境で看護師の勉強をして、インターンで仕事経験をして日本に帰ったら、どんな転職情報があるのか見てみたところ、以外にもいろいろある。看護師転職サイトのランキングでは、転職情報を応援してくれるサイトがいろいろと紹介されていた。今日はひとまず旅疲れもあるので就寝。看護士転職サイトのランキングが気になるところ。明日またこれからのことも考えていこう。

ベッドルーム

もうすぐバンクーバー

カナダに来てから約1か月。すぐに学校が始まってとても充実したビクトリア生活。来週からはバンクーバーに行く予定。なので、ビクトリアとはしばしお別れ。とはいっても、バンクーバーとビクトリアは飛行機かフェリーですぐに行ける距離なのでまた遊びに来る予定。

計画その1:ビクトリアで学校に通って英語力をつける、ひとまず頑張ったので達成。

計画その2:バンクーバーの街で仕事をしてさらに英語力を伸ばす。

これから先ががんばりどころ。学んだ英語をどう使って、どう生かして行くか。バンクーバーの住まいはルームシェアが決まった。一応バンクーバー市内の地図と観光案内もゲットした。ビクトリアではバスをよくつかったけれど、バンクーバーではスカイトレインが便利らしい。

バンクーバー地図

ビクトリアにはまたいつでも遊びに来れるのだけど、学校の友達の中には私のように月末で他の街に行ってしまう人や国に帰ってしまう人もいる。なので、今週末はクラスのみんなで集まってポットラックパーティーをすることになった。

場所は学校のクラスメートのホームステイ先。ポットラックパーティーとは、ホームパーティーのようなもので、誰かの家にそれぞれが食べ物や料理を持ち寄ってパーティーをする。せっかく多国籍なクラスなので、食べ物はそれぞれの母国の料理を作ることになった。クラスメートに日本食で好きなものはあるかと聞いたら、「Sushi」と言っていた。他には?と聞いてみたのだけど、日本食=Sushiだと思っているらしい。なので、日本人のメンバーはSushiとお稲荷さん、焼きそばを作ることにした。まず最初に行き詰ったのは、どこで日本食材を手に入れるか、ということ。調べてみたところ、ビクトリアには2件お店があるらしい。ひとつはSakura、もうひとつはFujiya。Fujiyaが割といろいろ手に入るという話なので金曜の学校のあとに行く予定。必要な材料が揃わなければ、その場で手に入るもので作れるメニューに変更。うまくいきますように。

プレゼン終了

先週のプレゼンテーションは、結局順番が回ってきたのが金曜だったので、1週間ずっとドキドキしながら過ごしていた。だけど、金曜まで少し時間があったので、プレゼンテーションを少しアレンジして、日本から持ってきた乾燥の梅干しももって行って、おはしでつまんで食べるというアクティビティも入れてみた。

干し梅干し

日本人なら大好きな干し梅のおやつだけど、梅干しを食べて育っていない文化のクラスメートは食べてびっくりする可能性もあるので、一応食べる前にかなりすっぱいであろうことを伝えて、おはしでつまめた人は食べてくださいということにしてみた。梅干しは、食べてすぐにびっくりして吐き出してしまったクラスメートもいるけれど、以外にも、これ、おいしい!といって喜んで食べてくれたクラスメートもいた。

おはしは、つまむのが難しいという人もいたものの、日本食レストランに行った時にお箸を使うので、ある程度は使うことができる人が多かった。カナダでも、日本食レストランではおはしが出てくる。スプーンやフォークもテーブルにあるけれど、せっかく出てきたお箸だからということで、お箸に挑戦する人が多いみたい。そんなこんなで、無事にドキドキのプレゼンテーションは終了。

今週はいつも通りの授業なので、平和な気持ちで過ごしている。金曜にはクラスのみんなで学校が終わったあとにボウリングに行くというイベントもあるので、それを楽しみに授業も頑張っていけそう。ボウリングの課題は、生徒が自分で英語でカウンターでオーダーをするということ。学校で勉強した英語を実践するために先生が企画してくれている。学校が終わってからなので、来れないクラスメートもいるみたい。今通っているESLは、あと来週いっぱいで契約が切れる。とても良い先生で、クラスメートともやっと仲良くなれたところなのだけど、バンクーバー行が待っている。バンクーバーへの引っ越しは、自分で決めたことだから、もっとビクトリアにいたければそうすることもできるのだけど、最初の1か月で集中して英語を勉強して、あとはバンクーバーに移って仕事の経験もしたいので、やはり計画通りに実行することにした。

プレゼンテーション

今週は、クラスの中で順番にプレゼンテーションをすることになっている。先週末の宿題は、今週のプレゼンテーションの準備をすること。何か好きなテーマをひとつ決めて、10分間という時間の中で発表する。勿論、英語。

9月1日の月曜はLabor dayというのでお休みだったので火曜日から始まり、金曜までの間で順番が回ってくる。プレゼンテーションの順番は、毎日くじびきをするので、その当日になってみないとわからない。初日に順番が着てしまえば、金曜までの残りの時間を落ち着いた気持ちで過ごせるのだけど、順番が回ってこなければ、今か今かとドキドキしながら一週間を過ごすことになる。順番はまだ来ていない。けれど、プレゼンテーションの準備はとりあえず万端。

考えているプレゼンテーションのテーマは「お箸」。英語では、Chopsticks。ホームステイしているファミリーで食事をしている時に、日本のお箸について聞かれた。彼らがいうには、昔日本に住んでいた時に、おはしの練習をして使えるようになったのだそう。だけど、ビクトリアに来てからおはしを買いに行ったところ、日本のようなデザインのお箸がすぐに見つからずに、困ったのだそう。プレゼンのこともあるのでお箸を見せてもらったのだけど、日本のお箸は、食べる部分がギザギザになっていたり、滑りにくい素材でお箸が作られているので、初心者でも比較的使いやすいみたい。

けれど、中には、プラスチックでつるつるのお箸もあり、これはかなり使いづらく、食べ物をとろうとしてもすぐに落ちてしまうのだそう。よくよく見てみると、プラスチックのお箸には中国語と思われる漢字があった。そして長さも日本のお箸よりも長めだった。たぶん、中華料理はテーブルの中央に料理を置いて、そこからみんなで自分のお皿に取っていく。なので、少し離れたところの料理も取りやすいようにおはしが長く作られているのかな、と自分なりの解釈。プレゼンの後には、みんなでお箸でまめをつかむのも体験してもらおうと思う。楽しみだけど、緊張の1週間が始まった。

お箸