Category Archives: 準備

空港宅配サービス

スーツケースも手元に届き、少しずつ留学関係のものはスーツケースにしまっておくようにしている。前回の記事でも少し触れたけれど、空港に荷物を運ぶ方法には、高速バスという方法もあるけれど、空港宅配サービスを利用すると、出発の前日に自宅にてスーツケースをピックアップしてくれ、そして当日空港に到着してからチェックインの前にスーツケースを受け取ることができるというもの。

帰国する時も、空港のサービスカウンターでスーツケースを預けると、次の日自宅にスーツケースを届けてくれる。そうなると、自宅から空港までの期間の荷物をかなり減らすことができるので、電車やバスでも空港にたどり着くことができるというもの。高速バスも乗ってしまえばあとは空港まで連れて行ってくれるので楽なのだけど、バスは乗り物酔いの心配があるので、できれば電車とバスで行きたい。

また、話は変わるけれど、カナダ情報についていろいろと調べていたら、掲示板みたいなものなど、意外といろいろな情報が見つかった。とりあえずホームステイ先が決まっているので住まいの心配はないけれど、ある程度現地での生活に慣れてきたら、ホームステイから離れてルームシェアなんていうのも楽しそう。ルームシェアだと食費は込みでないけれど、ホームステイよりも安く暮らすことができそう。

葉桜

スーツケース購入!

留学の出発準備に向けて、いよいよスーツケースを購入した。

スーツケースは、大きなものをひとつ買ってそれにすべて詰め込むか、運びやすいサイズのを2つ買って持っていくか迷ったのだけど、中くらいの大きさのを2つもっていくことにした。スーツケースも規定内のサイズだったら2つまで飛行機にチェックインすることができる。また、大きなサイズのスーツケースひとつよりも、中くらいのサイズのスーツケースが2つの方が、トータルでの容量が大きくなるので、結果、沢山荷物を運ぶことができる。出発の時には、本当に生活に最小限必要なものだけをもって行き、あとは現地で調達しようと思っているのでそれほど荷物はないと思うのだけど、帰国の時には現地で買ったものやお土産がある予定。

どうやって2つのスーツケースを空港まで持っていくか、という問題もあるのだけど、高速バスを使っていけば、楽々空港に到着することができる。電車で行く場合には、前日にスーツケースを空港に送るサービスがあるようなので、それを利用すればひとつのスーツケースを送ってしまい、もうひとつのスーツケースは出発の朝なんかも必要な衣類や化粧品を詰めて持っていくことができる。

そう考えるとやはり、スーツケースは2つの方が便利な気がする。スーツケースの種類も、ソフトタイプのものかハードタイプのものか迷った。ソフトタイプのものはスーツケースそのものの重量が軽くなる、が、圧縮されて中身がつぶれるような気がしたので、ハードタイプのスーツケースにした。出発までの期間はまだしばらくあるものの、スーツケースを買うといよいよだという気がしてくる。

スーツケース

ついにパスポート!

留学に向けての準備のひとつとして必要不可欠なもの、「パスポート」。パスポートの申請は、5年用と10年用で迷ったのだけど、とりあえずは留学の予定は1年で、その後旅行したとしても5年以上先のことはまだ全くわからないので、とりあえずは5年用を申請した。出発まではまだ時間があるような気がしていたのだけど、実際にパスポートを手にして、これをもって飛行機に乗っていくのだと考えると、やっぱりわくわくしてくる。

出発前に、できるだけの英語力もつけておいたい。今できることとして、とりあえずはNHKの英会話ラジオを続けて英会話の練習をしたり英語の歌を聴くときに、歌詞を見ながら一緒に口ずさんでみたり、英語のラジオを聞き流しにしてみたり、とりあえずできる限りのことをしてみている。英語は学校で勉強したものの、実際の会話となるとやっぱり緊張する。英語を話さなくてはいけないという緊張状態の中で、言いたいことをまとめて、それを英語にして、それを口に出してみる。その、口に出してみる、というのがなかなか難しい。

ひとりで部屋の掃除をしている時なんかは、できるだけ頭の中で何かを考える時にも英語で考えるようにしてみたりもしている。日本にいて、こうして英語の勉強をしている時には、英語を使うことはあっても、やはり基本の生活は日本語になる。それが、留学に行くと、当たり前のことだけど、ある程度通じる英語を話すことができなければ、買い物も難しいのではないかと思う。

そんな風に考えるとなんだかプレッシャーのようにも感じるのだけど、今のうちに自分にプレッシャーをかけて、できるだけの英語力を身に着けておけば、何とか留学生活も楽しめるのではないかと思う。パスポートにかかれた英語も眺めつつ、英語の勉強も進めていこう。

passport

お金のもって行き方

留学の準備のひとつに、お金の準備がある。留学に必要なお金を準備するためには、まずは貯金が必要となる。そして、そのお金をどうやって持っていくか?お金と言っても、旅行で必要なお金に比べると留学で必要なお金はかなりのものになる。

なので、現金ですべてのお金を持っていくのはかなり危険な方法になる。現地に留学資金を持っていく方法にはどんなものがあるのか、考えてみた。

・現金・
トラベラーズチェック
・海外のATMにも対応している銀行の口座を作る。

あとは、何だろう?

トラベラーズチェックは、サインをしている本人でないと使うことができないので、万が一盗まれても大きな損失を避けることができる。同じサインと、身分証明書がないと現地でもトラベラーズチェックを使うことができない。英語のサインは真似されやすいけれど、漢字で署名をすれば、真似をするのが難しいので安全度が高まる。

ただし、万が一トラベラーズチェックを使えないお店があるかもしれないことを考えると、やはり現金も必要になる。現金は、どこでも気軽に使えるけれど、万が一なくしたり、盗まれたりしたらそれでアウト。金額によっては大きな損失となる。海外で使うことができる銀行口座は、新生銀行や楽天銀行、シティバンクなど、PLUSの表示がカードについているものであれば使うことができるらしい。

クレジットカードを持っていき、日本の口座から必要に応じて払うという方法もある。海外で使うことができる銀行口座を持っていても、現地にPLUSに対応しているATMを見つけることができないとお金を使うことができないのだけど、調べてみたところ、ダウンタウンという中心地に行けば見つけられそうだ。

トラベラーズチェックは、エージェントや学校では取り扱っているので、学校に必要な資金をトラベラーズチェックで用意し、あとは現金少しとクレジットカード、そしてPLUSに対応している銀行口座のカードがあれば大丈夫そうな気がする。お金を準備するにあたり、もうひとつ考えるのが為替。

現在の為替を見たところ、カナダドルは1ドル92円。つまり、100円で1ドルちょっと、1000円で10ドルちょっと、10000円で100ドルちょっとの金額になる。円からドルに両替をする時には、円が安いと嬉しい。出発の時期までこのレートでいてくれますように!

1000yen

出発前にやっておきたい10のこと

留学に行く前にできる限りの親孝行をしたいということを考えながら、留学に行く前にやらなくてはいけないことについて考えてみた。

まずは、留学に行くにあたり必用なこと。
・貯金。
・ビザの申請。
・ホームステイ先へのお土産。
・学校の手続き。
・できる限りの現地情報収集。
・航空券の予約。
・英語力の勉強。
・実家への引っ越し。
・スーツケースの購入。
・荷造り。

そして、留学に行くまでにやっておきたいこと。
・家族で温泉旅行。
・家族でレストランに行く。
・妹とケーキを食べに行く。(食べ放題)
・大好きな友達とカラオケに行く。
・実家の大掃除。・手料理を両親にごちそうする。
・遠くの老人ホームにいる祖母に会いに行く。
・実家周辺や家族の写真を撮る。
・犬の散歩を楽しむ。

留学っていっても、行くのは1年で、1年が経ったらまた帰ってくるわけだけど、ある意味人生の中での大きな区切りでもある。この大きな区切りを機に、人生悔いなく生きているかどうか確認するのも良いことかもしれない。

留学に行く前に日本を満喫し、留学に行ったらカナダを満喫する。祖母はもう90歳になるので、老人ホームで元気に過ごしているとはいっても、変な話、留学中に何かあっておかしくない年齢だ。

心配を始めたらきりがないけれど、留学の報告もかねて、祖母のところにも会いに行こう。かなり痴呆も進んでいるので私のことどれだけ理解できるかわからないけれど。留学前にやっておきたいことはもちろんのこと、やらなくてはいけない項目もひとつずつ片づけていかなくてはいけない。留学に必要なリストを作って、安心して旅立つことができるように、ひとつずつクリアしていこう!

手帳

実家の大掃除

家の中の掃除と片づけでバタバタしているけれど、毎日少しずつやってきた甲斐あって、部屋の中もかなりすっきりしてきた。

これなら引越しの時も必要な荷物をまとめるだけで大丈夫そう。

引っ越し先は、実家の元自分の部屋。元自分の部屋だけど、私が実家を出た後は妹がその部屋を使ったりもしていたことがあるので、その後は、私が残したものと、妹が残したもの、つまり不要なのが沢山詰まっている部屋。この部屋も週末に実家に行って片づけてきた。
実家を出た時には迷いがあって処分することができなかったものを残していたのだけど、数年たってもう一度整理してみると、意外とあっさりと捨てることができたものが沢山あった。妹のものは勝手に捨てることができないのだけど、とりあえず綺麗にまとめておいた。

久しぶりの実家の自分の部屋。部屋を掃除していると、台所で母が料理をしてる音が聞こえてくる。夕飯の心配をしなくても、ご飯を食べることができる。実家で暮らしていた時は当たり前のことのようだったけれど、一人暮らしをしている今になると、これはかなりありがたいことだったのだと思う。

週末は他に予定もなかったので、久しぶりの実家に泊まってきた。アパートでは狭いユニットバスだけど、実家に帰ればゆったりとつかることができるお風呂がある。

大掃除は大変だったけれど、綺麗に片付いた後のお風呂はやっぱり最高!お風呂につかるとその日の夜の睡眠の質がよくなるような気がする。

また、留学に向けて少しずつ英語の勉強も始めていくことにした。先週からやり始めているのが、NHKラジオの英会話。ラジオを聴きながら英文を読み、さらに番組が終わった後には、その日の分を暗記してスラスラと自分の口からいえるようになるまでやってみた。

ちりも積もれば山となる、ということで、留学の日までにできる限りの英語力をつけておきたい。

英語の本

出発の時期について考える

留学の季節について考えてみた。

日本の学校は4月から始まるのに対して、カナダでは9月から学校が新年度として始まる。
希望している学校はパブリックスクールではないので毎月好きな月に入学することができるようだ。
季節の良い夏に出発するか?それとも冬に到着して少しずつ現地の生活になれるようにしていくか。

航空券の金額を見てみると、冬と夏では金額が天と地の差。チケットの種類はオープンチケットといって、ひとつのチケットでカナダに飛び、帰りの便は1年間のあいだ、好きな時期に予約することができるというもの。
オープンチケットは、日にちが決まっているチケットよりもやや高いものの、1年以上先の帰国日はまだまだまったくわからないので、やっぱりオープンチケットが無難だと思う。

今回の留学では、学校に通いたいけれど、同時に仕事もしてみたい。ある程度学校に通って、英語や現地の生活に慣れてから仕事を探すとすると、夏の出発よりは、冬に出発して学校に通い、仕事を探す、というのが良い気がする。それになんといっても、航空券の金額が違うので、冬に出発するのか、夏に出発するのかでは予算も大きく変わってくる。まだ具体的な時期や月は決めていないけれど、母の友達のホームステイ先にも連絡してみようと思う。

そして今日は、しごとの帰りに同僚たちと一緒にカラオケに行ってきた。てんやでパパッと食べて、そのあとはカラオケで歌って1日のストレス発散!
何時間も歌っていたいところだけど、明日休日出勤メンバーもいるので1時間で終了。こうやって仕事の帰りに友達と一緒に過ごす時間は本当に楽しい。

カラオケ

留学にかかる費用

留学に必要な費用はどのくらいになるのか?

ワーキングホリデーのビザを利用して留学し、学校以外の時間を利用して仕事もすることも頭に入れて考えてみた。必要な経費を上げてみると、学校にかかる授業料などの費用、家賃などの住まいにかかる費用、食費、交通費、その他お小遣いや雑費。学校にかかる費用は、学校に通う期間によっても変わってくる。

学校にかかる費用は、おおよそ1か月10万から15万円。

住まいにかかる費用は、到着してしばらくは母の昔のホームステイ先のファミリーのところに滞在させてもらう予定。お金はいらないといわれているけれど、それではどうしても申し訳ない気がするので、家賃と食費はいくらか払わなくては。

ルームシェアをする場合には5万円くらいで見つかるらしい。日本で一人暮らしをするためには10万円近く家賃にかかるけれど、カナダではルームシェアが主流になっているので暮らしにかかる費用も安くなるらしい。

食費は、一人暮らしなら1か月で3万円くらい。1年でかかる生活費を予想してみると、学校以外にかかる生活費は1年で100万円、プラス、学費。ワーキングホリデーのビザを利用していくのであれば現地で仕事をすることもできるけれど、万が一仕事が見つからない、などという最悪の事態も考えると、最低限の生活費は持っていく必要がある。

学校にかかる費用は3か月通うとすると30万円から45万円。そして、忘れてはいけないのが航空券。航空券は出発する時期によっても大きく変わってくる。

カナダのことを考えながら、今日は仕事の帰りに本屋さんに立ち寄って「地球の歩き方」という本を買ってみた。地球の歩き方には、カナダの地域ごとの見どころや観光スポットなどが紹介されている。

地球の歩き方

まだまだ先の話だけど、カナダ生活の最後にはカナダ1週旅行がしてみたいなあ。

留学に行くならどこの国?

留学に行くと決めたら、まずは行先をきめなくてはいけない。
今迷っているのは、オーストラリアもしくはカナダ。のどかなニュージーランドも気になるけれど、ニュージーランドは地球の中で最も紫外線が強いと聞くので、紫外線アレルギーがある私にはちょっと不向き。せっかく行くなら暖かい気候のオーストラリアがかなり魅力的。
そんなこんな、あれこれ留学のことを考えながら昨日は仕事の後に実家に立ち寄りました。そして母に何気なく留学の話をしてみた。
母は、大昔だけど留学経験もあって、さらにそのあとは英文タイプライターとして活躍していた人。私が海外に興味があるのは、そんな母の影響かもしれない。現在は母は英語教師として活躍している。
そんな母が進めてくれたのは、母がかつて留学していたというカナダ。
クリスマスになると毎年母が昔ホームステイをしていた家族からクリスマスカードが届くことから、雪がたくさんあってさむそーうな写真をよく見せてもらっていた。
寒いのは正直苦手だけど、雪景色の写真はとてもきれい。そして、もしカナダに行くのであれば、母が昔ホームステイをしていた家族のところに滞在できるかもしれない?ということで、カナダへの留学が現在は有力候補となりました。

カナダ行きの写真